不動産投資が持つオリジナルな特徴

不動産投資については、節税のアドバンテージが取り揃えられています。
所得税や住民税そして相続税さらに固定資産税など多種多様になっています。
それに加えて、不動産投資の必須コストについては、給与などの別の所得といわゆる損益通算が可能といえます。
株式や銀行預金では、損益通算による良い所は受けられません。
また、不動産投資を行なう為に、開始時は物件選考であったり一連の流れなどに骨が折れますが、始めのころぐらいしかありません。
その一方で、株式であったりFXと叫ばれているものは、絶えずパーソナルコンピューターを目にしている必要がありますので、休む暇もありません。
一つの例として、不動産リフォーム又は修繕を自分自身で敢行することが実現できるでしょうし、不動産管理を自分自身が実行すれば収入を高いものにするなど、個人が創意工夫を加えることが行なえます。
一方、株式などは、経済環境の市場価格の動きに揃えるしかありません。