不動産投資を始める目的とその期間

不動産投資は、マンション、アパート、一戸建て住宅を購入し、その物件を貸し出すことで、月々の家賃収入となる、インカムゲインと売却した時に得られるキャピタルゲインから得られる収益で資産を増やす方法です。
株、FX,先物取引、投資信託のような金融商品と比べると、当市費用は多く必要ですが、ミドルリスク、ミドルリターンで、やり方によっては、ミドルリスク、ハイリターンが望めます。
空室となったり、建物の破損、築年数による劣化などのリスクはありますが、リーマンショックほどの金融商品の値下がりもありません。
当然、0円となることもありません。
しかし、不動産投資は短期で考えてはいけません。
中、長期的な視点に立って考えることが大切です。
しかし、不動産投資は銀行などから借り入れが必要となります。
短期的な儲けを考えるのではなく、中長期的な視点に立って運用状況、収支内容をチェック、管理することが大切です。
短期的売買すると手数料、手続き料金だけでも負担になります。
手続きを減らすためにも中長期での視点に立った資産形成が不動産投資には必要です。